創業者の娘とその子が、数パーセントの株式を保有していたが、創業者の長男から、その株式は自分のものだと言われてしまった例

依頼者


創業者の娘及びその子ら(数パーセントの株主)

相手方


創業者の長男等

事案の概要


創業者が亡くなった後、依頼者は、相手方から、依頼者に対し、創業者一族の資産管理会社の株式が実質的に相手方(長男)に帰属するものであるといった内容の確認書へのサインを求められていた。

このことをきっかけとして、亡創業者が所有していた財産の帰属の争いや、資産管理会社の清算に伴う諸問題への対応を依頼された。

結果


相手方との調停により、予定されていた取引における代金相当額を得たほか、
依頼者が保有していたその創業した会社の株式を、相手方に買い取らせることができた。