自らが創業した会社の株式の大半を売却して少数株主となっていたところ、保有する別の会社とその創業した会社との間で行われていた取引について、売却相手が妨害するなどした結果、収入が途絶えてしまった例

依頼者


自らが創業した会社について、その保有していた株式の大半を相手方に売却し、少数株主となっていた方

相手方


依頼者から会社の株式の大半を譲り受けた者

事案の概要


依頼者が保有する別の会社とその創業した会社との間で行われていた取引について、相手方が妨害するなどした結果、依頼者が保有していた別の会社の収入が途絶えてしまい、その経営が困難になっていた。

結果


相手方との調停により、予定されていた取引における代金相当額を得たほか、依頼者が保有していたその創業した会社の株式を、相手方に買い取らせることができた。