創業者の長男として会社を経営していたが、弟から取締役解任決議案を出された上、創業者から長男へは株式が譲渡されていないなどとして多数の訴訟を提起された例

依頼者


企業グループの創業者の息子(長男)として、株式を承継し、経営を行っていた方

相手方


依頼者の弟
なお、当該グループに属する会社の取締役であった

事案の概要


相手方を取締役から解任の株主総会決議を発端として、相手方から多数の訴訟が提起されるとともに、当該訴訟において、依頼者による株式の承継等の有効性が争われた。

結果


長年にわたる訴訟において最高裁まで争った末、依頼者の全面勝訴により終結した