少数しか株式を保有していない会社経営者が、株式の買い集めにより会社を追い出されそうになった例

依頼者


代表取締役等の経営陣の方々(少数株主)

相手方


大株主

事案の概要


相手方がその潜在株式を行使して株式を取得してしまうと、相手方が、会社が発行する株式の過半数を保有してしまうこととなり、依頼者が経営権を失ってしまう状況にあった。

結果


当事務所の助言・対応の結果、相手方から経営権を奪還するとともに、その後の裁判手続を通じ、相手方が有する会社への影響力を完全に排除することに成功した。